TOCORO×SDGs

TOCOROは、一企業として、SDGsの理念のもとに事業を展開しています。

SDGs:Sustainable Development Goals とは?

持続な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴールから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。具体的には、以下のような目標設定がされています。(抜粋)

・目標6[水・衛生]:すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する

・目標12[持続可能な消費と生産]:持続可能な消費生産形態を確保する

・目標15[陸上資源]:陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、及び生物多様性の損失を阻止する

TOCOROの取り組み

mymizu

mymizuは、世界中20万箇所のカフェや公共施設など無料で給水できる場所を「mymizuスポット」とし、外出中どこにいても、気軽に水が補給することを可能にする画期的なツールです。

弊社が運営しているカフェ(TOCORO.CAFE&BAR)は、多くの観光客が訪れる河口湖町の「mymizuスポット」として、無料給水のサービスの提供、ペットボトル削減を推進しています。

エコツアー

TOCORO.TOURSは、「富士山青木ヶ原樹海等エコツアーガイドライン推進協議会」の一員として、国の特別保護区である”青木ヶ原樹海”において、多くの方に自然の美しさや尊さを感じていただく機会を提供しています。

自然資源の保護と活用の均衡化に努めながら、エコツアーを実施します。

ツアー参加者にTOCOROオリジナルエコボトルを無料プレゼント

mymizuの取り組みと並行して、TOCOROオリジナルのステンレスエコボトルを販売、さらに「エコツアー」参加者に無料プレゼントし、水資源やペットボトルの問題など、TOCOROの考え方を一つの行動として実践していただく機会を提供しています。

Translate »